ゆにっとについて

 プロデュース公演を打つ【ゆにっと】はその名の通り、その時形成されたメンバーで行われています。 演りたいときに参加可能の者がその時演りたい物を演る。これに賛同した者で結成されるのが【ゆにっと】です。

 1997年10月1日【ゆにっと】結成。代表:KAZUHO。

 4名で結成。創立メンバーの「KAZUHO」と「あくせるお」(~2009年まで所属)を二枚看板として活動。劇団とは異なりユニットとして活動する事を目的として来た為、数年に渡り所属メンバーを取らないスタンスを貫いてきた。「茂木真澄」(2005年~)「穴沢祥奈」(2009年~)が所属メンバーとして活動していたが、2015年より【ゆにっと】は、役者の所属を取らず本来の姿に戻した。
 2005年からマスコミ部門である【オフィスゆにっと】を設ける。
「浅見雄介」(第2回公演よりスタッフとして参加)が2001年より正式に加わる。 現在、浅見雄介は様々な団体で舞台監督として活動している。

<結成当時からの心得>
 言葉や態度は人を傷つける。好きな事を続けていくのは楽しいことばかりでない。時には自分自身を追い込むことさえある。
 持続させるというのは困難なことであり、意志だけではどうにもならない場合がある。その為にしばし人間性の尊厳を傷つけたり、必要以上に干渉されたりする。人は傷つかない為に楽をする方法を知っている。そんな弱い私たちだからこそ、信頼関係を大切に少しずつ自分で自分を誇れるように努力したい。

 次から次へと留まる事のない欲望を抱える私たちのそれを”夢”と呼ぶには成長しすぎたかもしれない。我儘も嫉妬も甘えも全て経験に変えるには精神的に子供すぎる。ただわかっているのは芝居に対する情熱だけは真実だと言うことだ。
 それだからこそ人間味あふれる触れ合いを楽しみながら、話し合いのできる雰囲気を決して壊さず活動していきたい。